Unique Melody、積層チタン筐体イヤホン「MAVEN」。“逆位相でピークノイズを打ち消す” 独自技術を搭載

©株式会社 音元出版

ミックスウェーブは、同社が取り扱うUnique Melodyより、チタン筐体を採用した新イヤホン「MAVEN(メイヴン)」および「MIRAGE(ミラージュ)」を、2月21日に発売する。価格はオープンだが、MAVENが税抜220,900円前後、MIRAGEが税抜132,800円前後での実売が予想される。

「MAVEN」
「MIRAGE」

両モデルともに筐体素材としてチタンを採用。プロのデザイナーによってデザインされ、最新の金属3Dプリンターを自社に導入し、およそ120のモデリングを経て「360度どこから見ても完璧な造形美を誇る、スモールアクセサリーのような外観」を実現したとする。

製造には最新の金属プリンターを活用。耐腐食/耐アレルギー性にすぐれた医療グレードのチタン素材を、12時間かけレーザー積層することで筐体を形成する。これにより、厚みを一般的なアクリル筐体の1/6にあたる約0.2mmに抑えた一方で、強度は約15倍と達したという。

吸音率が低いチタンを採用することで、設計における音響干渉の課題を解決でき、またステンレス鋼の1/2、アルミニウム合金筐体の1/30を誇る熱伝導率のため、あらゆる気象条件で快適に着用可能としている。

レーザー積層後、さらに12時間のテンパリング工程、切削加工、研磨加工、アセンブリー工程を経て、ようやく1ペアが完成する。ほぼすべての工程がハンドメイドで行われており、2019年2月時点では、多くとも1週間に12ペアしか生産できないとのこと。

上位モデルであるMAVENは、BAドライバーのピークノイズを改善する特許出願中の新技術「Targeting Frequency Adjustment Technology(T.F.A.T)」を搭載する。Knowles社との共同開発による独自設計の“セミオープン型BAドライバー”を筐体内に設置。音響設計上、意図していない「ピークノイズ」に対する特定の逆位相信号を発生させ、ピークノイズだけを消音できるという。

「ピークノイズ」を逆位相で打ち消す専用BAドライバーを搭載する

ドライバーはLow×4/Mid×2/High×4+T.F.A.T用カスタムセミオープンBA の計11ドライバーを搭載。クロスオーバーは3ウェイで、ホワイトゴールドコーティングされたステンレススチール製音導管を採用する。

周波数特性は20Hz - 25kHzで、入力感度は105dB、インピーダンスは26.5Ωとなる。ケーブルは2pin端子で脱着可能。付属ケーブルは長さ約1.2m、プラグは3.5mmステレオミニを採用する。

また、韓国Dignis社が手掛けたオリジナルレザーケースも同梱。ブランドの新しいコーポレートカラー「Melody Teal」を意識して彩色されており、内部はイヤホンの本体同士の接触を防ぎ、損傷を防ぐ構造となっている。

オリジナルレザーケースを付属

MIRAGEは、特許出願中の技術「Zero-Resonance Directional Transmission(Z.R.D.T)」を搭載するモデル。Knowles社協力の下で改良/再開発したフルオープン型BAドライバーと、独自のチタン筐体を組み合わせることで、「シンプルな構造からは想像できないサウンドクオリティ」を実現したとする。

独自のフルオープン型BAを搭載し、サウンドクオリティを向上したとする

ドライバーはLow×1/Mid×1(フルオープン型)/High×1の3ドライバー構成で、クロスオーバーは3ウェイ。音導管にはホワイトゴールドコーティングされたステンレススチールを採用する。

周波数特性は20Hz - 20kHz、入力感度は104dBでインピーダンスが23Ω。ケーブルは2pin端子で脱着可能。付属ケーブルは長さ約1.2m、プラグは3.5mmステレオミニを採用する。また、Dignis製のPUレザーケースも付属する。