ぽにきゃんBOOKS人気小説シリーズ『日本国召喚』、待望の最新刊(第5巻)発売記念! TV/webCM放送決定!

©株式会社ポニーキャニオン

(C)みのろう/ポニーキャニオン

2016年のネット小説大賞を受賞して以来、web読者から「書籍化は不可能」「コミカライズも不可能」と言われてきた『日本国召喚』シリーズ。その最新刊となる『日本国召喚 五 新世界大戦』が、満を持して登場する。

最新刊では第二次世界大戦相当の国力を持つ国同士がぶつかり合い、壮絶な死闘を繰り広げる。加筆箇所に日本国と、盟友ムーの描写を大幅に増やしている。この最新刊の発売を記念して、TVCMの放送が決定。ナレーションには声優・稲田徹を迎えて、作中日本の置かれた危機を迫力満点に演出。現在放送中の「SSSS.GRIDMAN」のCM枠とwebにて放送予定。

【『日本国召喚』概要】

■書籍情報

『日本国召喚』とは? 

第4回ネット小説大賞受賞作。突如異世界へと転移してしまった2015年1月当時の日本国が、中世、近世、近代の文明水準を持つ国々と接触し、戦乱に巻き込まれる異世界ファンタジー戦記。 

陸、海、空すべての自衛隊が活躍し、軍事や政治をインスタントに描写。発行元最速重版を記録し、現在もなお衰えない人気を誇る。

■著者みのろう 

2013年8月、「小説家になろう」にて活動開始、同年10月から『日本国召喚』の執筆を始める。第4回ネット小説大賞で受賞して商業デビュー。

【『日本国召喚 五 新世界大戦』概要】

■あらすじ

世界大戦、勃発
世界の王者 対 西方の覇者
非戦闘員である海上保安庁の職員を手にかけたグラ・バルカス帝国。日本国内では報復への世論が高まり、政府もこれを無視できず、グラ・バルカス帝国を鎮圧する方策が舞台裏で検討される。一方、直接的な攻撃を受けた神聖ミリシアル帝国は、中央世界、第二文明圏の有力国の軍を結集した『世界連合軍』を率いて、レイフォル沖へ向かう。対するグラ・バルカス帝国は、空母機動部隊を展開し、世界連合艦隊を迎え撃つ。数で勝る世界連合艦隊を相手に、高性能な兵器と優れた戦術で圧倒するグラ・バルカス帝国艦隊。カルトアルパス沖海戦の再現になるかと思われたが……。
古代魔導文明が生み出した、恐るべき兵器が姿を現す――

【発売情報】

全国書店、電子書籍販売サイトにて販売

単行本発売日:2月17日

価格:¥1,200+税

電子書籍販売開始:2月17日(日)0:00~

価格:¥1,000+税

<メロンブックスご購入特典>小冊子:ファルタス提督
<とらのあなご購入特典>SSペーパー:夢の世界にて
<書泉ご購入特典>SSペーパー:こちらムー統括軍情報通信部情報分析課

■公式Twitter

公式Twitter:@jp_summons

『日本国召喚 五 新世界大戦』webCM:https://youtu.be/fI6stzfPXjw

(C)みのろう/ポニーキャニオン