「NHK上方漫才コンテスト」トップバッターはラニーノーズ! 8組のネタ順が決定

©株式会社東京ニュース通信社

3月1日にNHK総合で生放送される「第49回NHK上方漫才コンテスト」(午後7:30、関西地域)のブロック分け抽選会が行われ、お笑いコンビ・ラニーノーズがトップバッターを務めることが決まった。

同コンテストは上方演芸会における新人の登竜門として知られ、今大会はラニーノーズ、からし蓮根、さや香、たくろう(Aブロック、ネタ披露順)、ジュリエッタ、ネイビーズアフロ、丸亀じゃんご、インディアンス(Bブロック、ネタ披露順)の8組が予選を勝ち抜き、本選に出場する。

ギターによる音曲漫才を得意とするラニーノーズの洲崎貴郁は「まさかの1番ですけども」と苦笑いを浮かべつつ、「NHKで一度ネタをさせていただいた時に、僕らをきっかけに小学生から『ギターをはじめた』というお声をいただいたそうで。だから今回もギターを使って優勝して、ここにいる全員にギターを始めさせようと思っています」と冗談交じりに意気込みをアピール。相方の山田健人も「ギターをたくさんかきならして盛り上げて、そのまま優勝にいきたいなってくらい攻めの気持ちでやりたい」と闘志を燃やした。

同コンテストは1971年にスタートし、オール阪神・巨人、トミーズ、フットボールアワー、笑い飯など、現在も第一線で活躍する芸人が最優秀賞を受賞。近年は銀シャリ、スーパーマラドーナ、かまいたち、ウーマンラッシュアワー、和牛、アキナ、ミキ、ゆりやんレトリィバァ、アインシュタインら実力派若手芸人が優勝している。