張本智和が「ジャンクSPORTS」初出演! 水谷隼と卓球3on3対決!!

©株式会社東京ニュース通信社

2月17日放送のフジテレビ系スポーツバラエティー「ジャンクSPORTS」(日曜午後7:00)は、「注目選手続々!卓球SP」と題し張本智和選手が同番組に初出演するほか、注目選手をゲストに迎え卓球を特集する。

同番組はMC・浜田雅功と各界で活躍する一流のアスリートたちとの秘話満載のトークが見どころのバラエティー。今回は、3月3日に同系で放送の「卓球 JAPAN TOP12」大会を前に、中学3年生で世界ランキング4位(2019年2月時点)の張本選手、リオオリンピック男子シングルスで銅、団体で銀メダルを獲得した水谷隼選手、同じくリオ五輪で団体銀メダルを獲得した吉村真晴選手、全日本選手権混合ダブルスで優勝した森薗卓球ファミリーの森薗政崇選手と姉・美咲選手、いとこの美月選手をゲストに迎える。さらに学生時代に卓球部だった土屋礼央と若槻千夏、スポーツ好き芸人の柴田英嗣がスタジオに集結して卓球尽くしの1時間をおくる。

近年、日本卓球界では若手選手の活躍が目覚ましく、来年に控えた東京五輪へ向けて競技人口も年々増加しているという。先月の「全日本卓球選手権大会」男子シングルスで大会最多優勝を果たした水谷選手は、9年前に自身初のバラエティーとして同番組に出演。それから9年の間に卓球界に注目が集まるようになり、番組で卓球だけの特集ができるほどのメジャーになり感慨深いと明かす。

さらに、2015年「全日本選手権女子シングルス」で準優勝した森薗美咲選手は、以前から番組出演を望んでおり、別の番組にゲスト出演した際にもその思いを熱く語っていたほど。念願かなっての出演に「何か面白いこと言わなきゃいけない。出るからには爪痕残せるように頑張ります」と現役の卓球選手らしからぬ意気込みで初出演にのぞんだ。

世界のトップ選手が集う「2018ITTFワールドツアーグランドファイナル」で最年少優勝を果たした張本選手は、4歳で試合に初出場し、小学6年生の時に大人のトップ選手に交ざって世界大会に挑戦。次々と最年少記録を塗り替えていった。番組では、張本選手の戦績をたどるとともに、幼少期の練習映像も公開。そんな張本選手は、水谷選手から、テレビではおとなしく振る舞っているが、普段は超おしゃべりだという日頃の様子を暴露される。それを聞いた浜田が緊張でおとなしくなっている張本選手の素顔に迫る。

そして、番組特別試合として、「ジャンクマッチ・卓球3on3対決」を開催。最年長の水谷チームには吉村選手と森薗美咲選手、最年少の張本チームには森薗政崇選手と美月選手と2チームに分かれ、普段は見られない3on3対決を行う。普段の試合とは違って最初は和やかなムードだったが、徐々にヒートアップし白熱のゲーム展開となる。