東京医大が合格発表

一般入試とセンター利用方式

©一般社団法人共同通信社

医学部医学科の一般入試と、大学入試センター試験利用方式の合格発表があった東京医科大=16日午前、東京都新宿区

 女子や浪人生を不利にする不正入試が発覚した東京医科大で16日、医学部医学科の一般入試と、大学入試センター試験利用方式の合格発表があり、計46人が合格した。

 合格発表はホームページと校内掲示で実施。東京都新宿区のキャンパスでは、午前11時ごろに職員が合格者の受験番号を記した紙を貼り出し、確認に訪れた人もいた。

 一般入試では、2日に実施された理科、数学、英語による1次試験を379人が通過し、9日の面接と小論文による2次試験に挑んでいた。

 東京医大は過去2年間の入試の不正で不合格となった受験生のうち44人の追加合格を認めた一方、今年の募集人員は減らした。