俳優のブルーノ・ガンツ氏死去

「ベルリン・天使の詩」

©一般社団法人共同通信社

俳優のブルーノ・ガンツ氏=2014年2月、ベルリン(ロイター=共同)

 【ジュネーブ共同】スイス公共放送などによると、映画「ベルリン・天使の詩」などで知られるスイスの俳優ブルーノ・ガンツ氏が16日、チューリヒの自宅で死去した。77歳。大腸がんと診断されていた。

 ドイツ語圏を代表する俳優として映画、舞台などで活躍。日本でもヒットした「ベルリン・天使の詩」(1987年)で主人公の天使を演じたことで世界的に名前を知られるようになった。

 ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーの最期を描いた「ヒトラー~最期の12日間~」(2004年)でヒトラーを演じ、高い評価を受けた。「ハイジ アルプスの物語」(15年)では頑固なアルムおんじ役を務めた。