HKTみくりん、あったか応援 手作り防寒ポンチョを配布 熊本城マラソンのランナーに

©株式会社熊本日日新聞社

熊本城マラソンの受け付け会場で自ら作った防寒ポンチョをランナーに手渡すHKT48の田中美久さん(右)=熊本市中央区

 熊本城マラソンを翌日に控えた16日、アイドルグループHKT48のメンバーで熊本県出身の田中美久さん(17)が熊本市中央区の辛島公園に設けられた受け付け会場に現れ、手作りの防寒ポンチョをランナーに贈った。

 大型のポリ袋にメッセージなどを書き込むポンチョはスタート待ちのランナーが体を冷やさないよう、有志が毎年作製。今年は15、16の両日、玉名市の小中学生らが作った約2千着を会場内の熊日ブースで配った。

 大会の応援アンバサダーを務める田中さんは熊日ブースを訪れ、フェルトペンで「最高の1日にしましょう」などと書き込んだポンチョ10着を作製。「頑張ってください」などと声を掛けながらランナーに手渡した。

 フルマラソンに出場する熊本市西区の栄養士村島沙織さん(31)は田中さんからポンチョを受け取り、「うれしい。明日のレースで使うか、記念に取っておくか迷いますね」と感激していた。(猿渡将樹)

(2019年2月17日付 熊本日日新聞朝刊掲載)