まさか「エイリアンVSプレデター」?南極の重力異常と巨大隕石の謎

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)breakermaximus / Shutterstock

2006年に南極の地下で”謎の重力異常”と”巨大隕石”(ウィルクスランド)が発見されたのをご存知だろうか? この隕石は直径が50kmもあり、今から2億5000万年前に南極大陸へ落下し、広さ480kmにも及ぶ「世界最大の超巨大地下クレーターを作った」というのだ!

これは『NASA』と『ドイツ航空宇宙センター』が地球の重力と気候を科学的に調査する、合同ミッション中に偶然発見されたそうだが、アメリカを始めとした欧米の天文学会は、この巨大隕石の存在を公式には認めず、なんと発見から10年以上も経つのに”現地調査”は殆ど行われていないという。これは一体何故だろうか?

 

南極の地下には触れてはならない「何か」がある?

実は南極大陸では1946年に当時の米軍が大規模な作戦(ハイジャンプ作戦)を実行しているのだ。この作戦の表向きの名目は「南極大陸の環境調査」とされていたが、実際はその前年、連合国(第2次世界大戦の戦勝国連合)に全面降伏した『ナチスドイツ』の「秘密地下基地を捜索し叩き潰す」という目的の下に行われたらしい。

この作戦で米軍は兵員4700名と多数の艦船や軍用機を投入、重装備で南極大陸を1年以上も捜索したが、寒さと悪天候から3名の死亡者を出し、ある日突然「作戦終了」となっている。しかしこれはどう考えても不自然に思えるのだ。

もしかするとアメリカ政府は南極の地下に”巨大隕石”と、その内部に”謎の構造体”があることをこの時点で”知っていた”のではないか? そしてナチスの秘密基地殲滅という名目の下に、構造体の内部を”調査”しようとしたのではないか? だが捜索の末に構造体に降りる”入り口”を発見するも、中に居た”何か”の攻撃を受け、死者3名ではなく、多数の死亡者を出して”撤退”したとすれば、全てが繋がるようにも思えるのだ。

むろんこれは全て推測だが、もしも”何か”が居たのなら、それは何者なのか? 例えば大ヒット映画『エイリアンVSプレデター』に登場するような謎の巨大遺跡が南極の地下で発見され、凶暴なエイリアンとプレデターがお互いに殺し合う”闘技場”に米軍が突っ込んでしまったとすれば、欧米の天文学会による意図的な”隠蔽工作”も説明が付く。つまり「もうココには触れるな!」という、暗黙の意思表示なのだ。

しかしもはや手遅れな気もする。何故なら米軍の失態はエイリアンとプレデター、この両者への”挑戦”と取られるからだ。もしかすると世界の終わりは”意外に近く”まで忍び寄っているのかも知れない。

出典:NASA detects ‘MASSIVE anomaly’ below Antarctica sparking SHOCK Nazi WW2 claim

 

【画像】

breakermaximus / Shutterstock