巨額投資で"キング"逮捕 公式サイトがブログたったの2ページなのに1万人以上がなぜ騙されたのか?

©TABLO

その騙しの手口とは!?

投資詐欺で「テキシアジャパンホールディングス」(千葉市)の会長、銅子正人容疑者(41=大阪市)ら男女10人が愛知県警と岡山県警に逮捕された。2013年に設立したテキシアは、全国47都道府県1万2929人に出資させて被害総額は約460億円に上ると報じられている。

逮捕者には岡山県警OBの三好輝尚(60)や、指定暴力団六代目山口組の弘道会系幹部の中村外喜治(66)両容疑者も含まれていた。

「これは資金が六代目山口組に流れていたとも考えられますから、暴力団案件ですよね。いわゆる二・四(にーよん)の案件です(知能犯の二課。組織犯罪対策の四課で「にーよん」と言われる)」(全国紙記者)

そのからくりは、

「1口100万円出資すると、毎月3%の配当を支払うという高配当で、元本保証までしていましたが、元本保証は、出資法違反で、投資詐欺の常套手段です。
高額出資者には、皆の前で現金で配当を支払う等のパフォーマンスで投資家のハートを掴んでいました。表面的には高配当の利回りに見せていましたが、実際は投資家が出資した資金の一部を配当名目でキャッシュバックしているに過ぎませんから、自転車操業状態になって破綻してしまいます。ポンジスキームと呼ばれる高配当投資詐欺の典型的な手口です」(ジャーナリスト)

銅子容疑者は福井県生まれのサッカー少年出身。愛知県の中京高でサッカーの天皇杯、阪南大学で大学選手権に出場するなど、Jリーグからもスカウトされる実力者だったらしい。
シンガポールで資産運用会社を経営し、大成功した実業家を演じる傍、キングと自らを呼ばせてアーティスト活動をしたり宮司をしたりして神格化していたわけだが、まだ裁判前とは言え、化けの皮がはがれた訳だ。

「ホームページはアメブロ2ページというお粗末さ。被害者から民事訴訟を起こされても出廷しないとか、杜撰さが刑事告訴を誘発して逮捕に繋がりました。海外での資産運用を装う詐欺グループはたくさんありますが、民事訴訟を起こされたら、暫定返金したり、返金用の別会社を設立したり誠意を見せたら、刑事事件になりません。
しかし、返金せずに別会社で仮想通貨に切り替えるなどと被害者をバカにしたような対応でした。警察OBや広域暴力団幹部を仲間に入れるよりも、悪徳弁護士を味方にした方が良かったかもしれません」(前出・ジャーナリスト)

資金は暴力団に流れていた疑いが持たれているが、老後の生活資金を詐欺で失った被害者救済のためにも、事件の真相究明と返金をして頂きたい。(文◎安倍しんのすけ)