広島大瀬良、2度目フリー打撃登板 三振奪取も「セットでの制球にバラツキ」

©株式会社Creative2

広島・大瀬良大地【写真:沢井史】

変化球の精度は日に日に上がる「良くはなっています」

 広島の大瀬良大地が17日、今春キャンプ2度目のフリー打撃に登板した。カットボールや縦横のスライダーで三振を取るなど、変化球の精度は日に日に上がっている。

「段階を踏みながら良くはなっています。変化球で三振が取れたし、真っ直ぐで差し込めたし、良いところはありました。ただ、セット(ポジション)でコントロールにバラツキがあるのが課題。これから実戦が増えていくので、何とか修正していきたい」

 18日からは対外試合が連戦となり、今週末からはオープン戦も始まる。第1クールからブルペンに立つたびに課題をひとつずつ着実にクリアしてはいるが、今後は実戦モードの中でも焦らずにじっくりと調整を重ねていく。(沢井史 / Fumi Sawai)