長崎県内道の駅「大集結」陸自車両で振る舞い鍋も 佐世保

©株式会社長崎新聞社

 長崎県内11カ所の道の駅で販売している特産品を集めた「長崎県道の駅大集結祭」が17日、佐世保市愛宕町のさせぼっくす99であり、多くの人でにぎわった。陸上自衛隊水陸機動団の車両「野外炊具1号」で調理した鍋料理やぜんざいの振る舞いもあった。
 各地の土産物をPRしようと毎年開き5回目。カステラやかんころ餅のほか、カキや昆布、水産加工品など各地の特産品が並んだ。
 野外炊具1号は、災害派遣時などに使用され、最大千人分以上のみそ汁を一度に作ることができる。この日は、鍋料理とぜんざいが各先着200人に振る舞われた。珍しい車両を写真に収める人の姿もあった。
 市立相浦小3年の吉嶺楓さん(9)は「初めて見る車両だったけど、ぜんざいは温かく、おいしくできていた」と笑顔で話した。

陸自の車両「野外炊具1号」で作ったぜんざいの振る舞いがあった大集結祭=佐世保市、させぼっくす99