豚コレラ、岐阜の搬出制限解除

愛知は殺処分

©一般社団法人共同通信社

 岐阜県は18日、先月に豚コレラが発生した同県各務原市の養豚場から半径3~10キロ圏に設定した搬出制限を解除した。愛知県は、相次いで感染を確認した同県田原市での殺処分を続けた。

 圏内にあるのは3施設で、岐阜県は当初、出荷を禁じていた。ただ、経営への影響を考慮し、搬出前の検査の厳格化などを条件に既に出荷は認めており、ふんの圏外への搬出などが制限されていた。

 3キロ圏内では豚を運ぶことなどを禁じているが、対象は全頭を殺処分した発生養豚場のみで、今回の解除で同県内の制限は事実上なくなった。