マルディーニ氏も大絶賛 ミランの伝説シェフチェンコと比較される新エース

©株式会社FACTORIES

ミランでも圧倒的な存在感を放つピョンテク photo/Getty Images

今季からACミランのデイレクターに就任したパオロ・マルディーニが、期待の新戦力たちを絶賛している。

16日に行われたセリエA第24節で、アタランタの本拠地へ乗り込んだミラン。先制点を許す苦しい展開となったが、新エースと期待のポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクの2ゴールなどで逆転に成功し、3-1の勝利を収めている。

試合後、伊『sky sport』などのインタビューに応じたマルディーニ氏は、加入後公式戦5試合で6ゴールと、得点を量産しているピョンテクについて聞かれ、「多くの人々がピョンテクとアンドリー・シェフチェンコを比較するが、シェバ(シェフチェンコの愛称)はオンリーワンだよ」とコメントした。

ただ、2人の状況は異なると説明している。「シェバは、すでにとても強化されたチームに加入し、そこで素晴らしい結果を成し遂げ、チャンピオンになった。一方でピョンテクは、困難な時期にチームへ加わった。彼は信じられないようなことをやっていると思うよ。もし彼が我々を偉大なる高みへ導くことになれば、みんなが幸せになるんじゃないかな」と述べた。

また、カカー2世として期待されるブラジル代表MFルーカス・パケタについても「パケタは賢い男だ。今はまだ言葉の問題があるが、チームを加速させるために応えてくれているよ。チームに大きな影響を与えてくれているし、彼は移籍に関する我々の問題を解決してくれた」と話し、大きな期待を寄せている。