「日本盗っ人たけだけしい」

韓国国会議長、謝罪要求に反発

©一般社団法人共同通信社

韓国の文喜相国会議長

 【ソウル共同】韓国の文喜相国会議長は、天皇陛下による謝罪で慰安婦問題が解決するとした自身の発言について、日本側が求めている撤回や謝罪には応じない考えを示した上で「謝罪すべき側がせず、私に謝罪を求めているのは盗っ人たけだけしい」と反発した。複数の韓国メディアが18日、文氏のインタビューを報じた。

 菅官房長官は18日の記者会見で「不適切な発言を繰り返し、極めて遺憾だ」と述べ、引き続き謝罪と撤回を求めた。また文氏は、元徴用工訴訟を巡って日本政府が対抗措置を検討していることには「子どものいたずらのような話」と批判した。さらなる強硬発言で問題は長期化しそうだ。