薪ストーブも使用できちゃう!?冬キャンプに大本命な個性派テント四天王

冬キャンプは魅力に溢れています。「澄んだ空気」「一面の星空」「空いている」などなど理由を挙げたらキリがないほど。なので冬にバッチリ対応できるテントがあればパーフェクトなわけです。ここでは薪ストーブの煙突を出せたりと本格的な冬仕様のテントをご紹介します!

©株式会社スペースキー

アイキャッチ画像出典:アウトドアベース犬山
※テント内での火気使用につきましては、メーカー推奨の使用法にならい正しくお使いください。また幕内で火器を使用する際は自己責任となります。もし使用する際は換気を十分行い、一酸化炭素報知器を必ず使用しましょう。

冬に本領発揮!ツワモノスペック揃いな個性派テントたち

冬キャンプを満喫するべく、厳しい寒さの中も大活躍してくれるオールシーズン対応のテントを使ってみませんか?

今回ご紹介するのは、冷気の侵入を軽減してくれるスカート付きはもちろん”薪ストーブを使って冬キャンプを楽しみたい”方にピッタリの仕様を標準装備している個性派テントたち。

なかなか日本のテントでは見かけない、珍しい特徴を兼ね備えたテントたちは、真冬を遊び倒す上級者キャンパーに打ってつけ!

「これから冬キャンプに挑戦したい!」なんて人も、参考がてらチェックしてみてくださいね。

薪ストーブ対応!だけど、使用上の注意点はしっかり確認を

一般的にテント内での火気使用は、禁止されていることがほとんど。

ですが、今回ご紹介するテントは、煙突穴が開いていたりと幕内で”薪ストーブぬくぬくスタイル”を叶えてくれる、冬大本命なスペックを兼ね備えたツワモノ揃い!

かといって、むやみに薪ストーブを幕内で使用するのは絶対にNG! しっかりとメーカーが提示している使用上の注意を確認し安全に楽しんでくださいね。

ここでは薪ストーブを使用する前に、大前提として注意しておきたいことをおさらいしておきましょう。

一酸化炭素中毒に注意!

薪ストーブを使用中、換気をしっかりしておかないと一酸化炭素中毒に陥る危険性があります。空気はこまめに入れ替えるようにしましょう。一酸化炭素警報器を置いておけば、アラームで空気の状態をお知らせしてくれます。

就寝の際は必ず火を消すようにすることもお忘れなく!

引火に注意!

幕内で薪ストーブを使用する場合、薪ストーブとテントの生地との距離が十分に確保できていない場合、引火する危険性があります。

煙突は倒れないようしっかり固定し、細心の注意をはらってくださいね。

完全冬仕様!最強テント四天王はコレだ!

それでは冬ならではの魅力をたっぷり堪能できる「冬の一軍テント」を4つ紹介していきます!

ルクセアウトドア メガホーン3シェルター

超高温に耐えるファイバーグラス製の煙突穴が備わっているので、薪ストーブ利用にはもってこいのシェルターです。

薪ストーブを使用しないときは、付属のカバーを付ければ、雨風を防げます。床面積が広く、暖かい幕内にギアをたくさん入れ込めるので、冬キャンプにぴったり。

ティピー型のテントは雪が降っても雪下ろしの必要がないのはうれしいポイント。薪ストーブと相性が良いカタチでもあります。

薪ストーブは熱を発する煙突部分にも暖房効果あり、ティピー型だと幕内の煙突面積が大きいので効果的に幕内を暖めることができます。

詳細はこちら

テンティピ ジルコン

ポリエステルとコットン混紡素材を使用しているため、室内の湿度を快適に保ちながら、結露を軽減してくれるテンティピの「ジルコン」。薪ストーブ用の煙突穴もしっかり完備!

ジルコンシリーズのイメージ画像

天井には内部から操作できる6か所のトップベンチレーション搭載で、空気の入れ替えも楽々。
4~8人で使用できる7CPモデル、6~10人対応の9CPモデル、グルキャンにも持ってこいな10~16人モデルの15CPと選べるサイズ展開も嬉しいポイントです。

ogawa ピルツ15 T/C

上部には薪ストーブ用の煙突穴も実装されており、冬用のスペックが頼もしいです。

裾部を8カ所固定して、ポールを1本立てるだけで設営できるので、過酷な環境でのテント張りを素早くすませることができます。

ベンチレーションが5か所も装備されており、室内換気は自由自在。

ヘルスポート バランゲルドーム

天井から煙突を突き通せるドーム型が特徴的なテント。生地は難燃性のポリエステル素材で火や熱に強い仕様です。

薪ストーブを入れ込むことを前提としており、入口と両サイドを大胆にオープンにできるほか、幕内に小窓がついているなど、優れた通気性も備えています。

耐水圧は3,000㎜と文句なしのスペック。高さがあるので、幕内にいることが多い冬キャンプでも居心地よく過ごせます。

今季こそ憧れの冬キャンプデビューを!

冬の夜空一面に広がる星に囲まれたキャンプはとても幻想的。いつかやってみたいと思っている方、今シーズンぜひチャレンジしてみませんか?

寒い時期にしか得られない魅力があります。テントがしっかり冬仕様であれば、だいぶ快適に過ごせるはずですよ!

Let’s Choose your favorite Winter tent!

あなたのお気に入りの冬テントを選ぼう!