東京円、110円台半ば

©一般社団法人共同通信社

 週明け18日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=110円台半ばで取引された。

 午前10時現在は前週末比21銭円安ドル高の1ドル=110円52~53銭。ユーロは50銭円安ユーロ高の1ユーロ=124円92~93銭。

 前週末の米国株高を受け、比較的安全な資産とされる円を売ってドルを買う動きが優勢となった。

 市場では「米経済の減速懸念もあり、必ずしもリスクを取りやすい状況ではない」(外為ブローカー)との声が聞かれた。