大泉洋が池井戸潤作品に主演!! 低迷ラグビーチームの再建に挑む!

©株式会社東京ニュース通信社

TBS系で7月期に、大泉洋が主演する連続ドラマ「ノーサイド」(仮題、日曜午後9:00、開始日未定)を放送することが決まった。池井戸潤氏が今夏刊行予定の同名小説を原作に、大泉が演じる主人公の大手製造メーカーの中堅社員・君嶋隼人が、左遷先の工場で低迷するラグビー部のゼネラルマネジャー(GM)を兼務するよう命じられ、再起を懸けた戦いに挑むストーリー。大泉は「私自身も今まで放送されてきた数々の池井戸作品のファンでありましたので、その池井戸さんの新作ドラマで主演させていただくのはとてもうれしく、光栄であります」と出演の喜びを語った。

ドラマでは大手製造メーカー「トキワ発動機」に勤務する君嶋が、上司の主導する企業買収に異を唱えて地方の工場の総務部長に左遷され、かつて強豪だった会社のラグビーチーム・アストロズのGMも兼任することに。ラグビーの知識も経験もない君嶋が、低迷するチームの再建という重荷を課せられてしまう。池井戸氏原作のドラマ「半沢直樹」「陸王」「下町ロケット」などを手掛けた演出の福澤克雄氏、プロデューサーの伊與田英徳氏が、今作でもタッグを組む。

大泉は「大きなプレッシャーを感じていますが、『99年の愛~JAPANESE AMERICANS~』『LEADERS Ⅱ』でもご一緒させていただき、全幅の信頼を寄せる福澤組と一緒にこの君嶋という役を全身全霊で演じたいと思います」と意気込みを明かし、「そして、ラグビーのワールドカップが開催されるという年に書き下ろされる池井戸さんのラグビーを題材にした新作を、読者として純粋に楽しみにもしています。絶対面白いでしょ!」と訴えている。