貫地谷しほり&岸谷五朗のクライムサスペンス「黒薔薇」の第2弾放送決定!

©株式会社東京ニュース通信社

2017年12月に放送された貫地谷しほり主演の刑事ドラマ「黒薔薇~刑事課強行犯係 神木恭子」の第2弾が今年放送されることが分かった(放送日未定)。主人公の神木恭子役は貫地谷しほり、相棒ともなる先輩刑事・折原圭作役は岸谷五朗と、前回の刑事コンビが再び登場する。監督は和泉聖治氏、脚本は前作に引き続き春日光蔵氏が手掛ける。

同作は、時折違法な捜査に手を染めてでも真相を解明しようとする無鉄砲で黒い部分も併せ持つ、まさに“黒薔薇”の所轄署刑事課強行犯係の女性刑事・神木が、少々荒っぽいがやり手のベテラン刑事・折原とコンビを組み、殺人事件の謎を解明していくストーリー。

第1弾は二上剛氏による警察小説「黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子」を初ドラマ化、第2弾となる今作も二上氏の「ダーク・リバー」が原作となっている。内勤の警務課・資料係の神木はひょんなことから老人の変死体が発見された現場へ。キャリアの検視官は病死で処理しようとするが、他殺の疑いを抱く神木には納得できない。一方、神木と同じ所轄署の刑事課強行犯係主任の折原も似たような事件に遭遇。久々に顔を合わせた2人は、それぞれの事件の共通点を洗い出すうちに、警察内部の闇へと足を踏み入れていく。

貫地谷は「前回の終わり方(神木が提出した辞表を折原が破り捨てる)で、岸谷さんとまた会える予感がしていたので、今回それが実現してすごくうれしかったです」と笑顔をのぞかせると、岸谷も「しほりちゃん演じる神木という刑事がすごく魅力的な役だと思っているので、そんな神木に再び会えたのでうれしかったですね」と第2弾への喜びと期待を明かした。

また、前回はダークな一面を持つ神木という人物を演じることに迷いがあったという貫地谷だが、「今回は神木のイメージが出来上がっていたので役に入りやすかったですね。折原に対して実は仲間意識があったんだというところも垣間見えるのですが、そこで胸が熱くなりました。嫌だ、嫌だと言いながら実はいい関係性を構築していたんだと思いました」とさらに深みのある演技ができたようだ。

久しぶりに演じた折原役について岸谷は「『あー、こいつ元気で仕事していたんだろうな』という特別な感情が湧きました」と懐かしそうな様子。「この作品はなかなかないドラマであることは確かです。普通の刑事ドラマというジャンルにはない入り組んだ設定と、しかも警察組織という自分たちの世界を探っていく。そこを味わって見ていただければと思います」と見どころをアピールした。

ほかに警視庁捜査一課長・辻井幸則役で柳葉敏郎、警視庁鑑識課鑑識係・木下宏役で木下ほうか、折原行きつけのBAR「メロス」のママ・神大寺義経役でミッツ・マングローブ、神木の母・綾子役で丘みつ子らの出演も決まっている。