白血病克服の元ナイジェリア代表GK、彼の命を助けた「支え」とは

©株式会社コリー

『Complete Sports』は16日、「白血病から回復した元ナイジェリア代表GKカール・イケメがインタビューに答えた」と報じた。

ウォルヴァーハンプトンでプレーしナイジェリア代表でもポジションを掴み始めていたイケメ。クラブもプレミアリーグを目指して成長していた最中、2017年7月に急性白血病であることが発覚した。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

それからはチームを離れて治療を行い、見事に克服。現役引退は余儀なくされたものの、現在はメディアで解説者を務めているほか、ナイジェリアからはゴールキーパーコーチとしてのスタッフ入りを誘われているという。

【関連記事】闘病の果てに…白血病のナイジェリア代表GK、32歳で現役を引退

彼は自分の闘病について以下のように話し、厳しい時期に娘が助けになってくれたと語ったとのこと。

カール・イケメ 「自分に問い続けていたよ。僕は悪い人間ではないのにと。

心配したのは自分よりも娘のことだ。彼女が僕なしで成長していけるのかと。

治療が始まった最初の月は大丈夫だったんだ。だけど、2ヶ月目からは自分の体調が犠牲になる場面が多かった。かなり難しいものになった。

多くの痛みを抱えていたよ。しかし、それを乗り越えなければならなかった。断固たる決意を持って。

生きることができて本当に幸せだ。家に帰れたことがただ幸せだ。新鮮な空気を吸えることがすごく幸せだ。それが安心なんだ。

毎日に感謝を抱いている。本当にね。

娘は神の祝福だった。僕はそう信じているよ。彼女がずっと助けになってくれた。今、僕は娘の未来を楽しみにしているんだ」