印、銃撃戦で治安要員ら7人死亡

カシミール、テロ捜査中に

©一般社団法人共同通信社

18日、インド北部ジャム・カシミール州で、銃撃戦の最中に武装勢力が避難したとみられる住宅。炎や煙が立ち上っている(AP=共同)

 【ニューデリー共同】インド北部ジャム・カシミール州で18日、治安部隊要員ら40人が死亡した14日のテロに絡んだ捜査中に武装勢力との間で銃撃戦が発生、治安部隊要員4人を含む計7人が死亡した。PTI通信が伝えた。

 他に死亡したのは市民1人と、14日のテロで犯行声明を出したイスラム過激派ジェイシモハメドのメンバー2人。この過激派はパキスタンを拠点としており、2人のうち1人はパキスタン人という。銃撃戦はテロ現場から10キロほどの場所で起きた。武装勢力がいるとの情報があり、治安部隊が捜索していた。