ニューヨークの現代ダンス「コンプレクションズ」開幕

杉村英里子が出演 19日からジョイス劇場で

©NEW YORK SEIKATSU PRESS, INC.

ニューヨークのコンテンポラリーダンスの「コンプレクションズ」は19日(火)から3月3日(日)まで、マンハッタン・チェルシー地区のジョイスシアター(8番街175番地)で公演開催中だ。同団創始者で振付家のドワイト・ローデンによるニューヨーク初上演の「バッハ25」と「ウォウク」やデビッド・ボウイの曲のメドレーで踊る大人気作品「スターダスト」、また25年間の同団の名作など日によってA・Bいずれかの2プログラムで披露される。所属2年目となる日本人ダンサー、杉村英里子=写真=が出演する。入場料は20〜60ドル。公演日時は日によって異なる。購入は劇場窓口または電話212-242-0800または劇場のウェブサイトwww.joyce.orgからも購入できる。