情報サービス産業協会、「プログラミング教育に関する推薦図書10冊」を全国の小学校100校に寄贈する企画の2次募集を開始

©株式会社翔泳社

情報サービス産業協会(JISA)は、「プログラミング教育に関する推薦図書10冊」を全国の小学校100校に寄贈する企画の2次募集を、2月15日に開始した。

同プロジェクトは、小学校プログラミング教育の導入が円滑に進み、すべての子どもたちがプログラミングの楽しさ、可能性に触れる機会を創出することを目的とした企画。

平成30年11月に行われた第1次募集では、受け付け開始後すぐに定員締め切りとなったが、1人でも多くの子どもたちに、プログラミングのワクワク、楽しさを感じてもらうため、第2次募集を行うことになった。

なお、すでに寄贈書籍を活用している小学校からは、「ICT設備環境に左右されず、楽しくプログラミング教育を学ぶきっかけになる」「10冊はどれも良書で子どもたちが、図書に興味を持って読んでいる」といった意見が寄せられている。

応募対象は全国の小学校100校で、応募期間は2月15日~25日まで(100校になった時点で締め切り)。寄贈先の選定は原則として先着順で、同プロジェクトの趣旨を理解し、図書を有効活用してくれる学校に寄贈する(第1次募集時に採用された学校は対象外)。寄贈図書は3月初旬に届けられる。