道議選に川畑氏が出馬表明

国、道と室蘭結び付ける

©株式会社室蘭民報社

道議選の出馬を表明した川畑氏

 4月投開票の道議選室蘭市区(定数2)に、川畑悟氏(47)=元道議=が18日、出馬を正式表明した。無所属で立候補し、道政への復帰を目指す。

 室蘭市内で会見を開いた川畑氏は「前回選挙は僅差で敗れ、悔しい思いをした。室蘭はどの地域も経済的に非常に苦しい。政治を切り口として国、道と室蘭の間を結び付けるため道政に挑戦したい」と決意を語った。

 自治体、大学との広域連携や、噴火湾で養殖、洋上風力発電などを進める経済特区構想を提唱。「今の室蘭に不満を持っている人のため、同世代のネットワーク、後援会を使って支持をつかみたい」と述べた。

 川畑氏は室蘭出身。室蘭栄高、慶応大卒。2007年(平成19年)室蘭市長選、09年の衆院選に落選、11年道議選で初当選したが、15年道議選で落選した。
(統一地方選取材班)