岐阜の養豚場で豚コレラ

5800頭の殺処分開始

©一般社団法人共同通信社

新たに豚コレラが発生した岐阜県瑞浪市の養豚場で行われる作業=19日午前

 岐阜県は19日、同県瑞浪市の養豚場で豚コレラが発生したと発表した。県は陸上自衛隊第10師団(名古屋市)に災害派遣を要請、養豚場で飼育している約5800頭の殺処分を始めた。

 県によると、18日正午ごろ、「1週間前から餌の食いつきが悪い」と養豚場から連絡があり、同日の立ち入り検査で3頭が死んでいるのが見つかった。19日に県の遺伝子検査で陽性反応が出た。

 県は、衛生管理の確認で1月11日に立ち入った際に問題はなかったとしている。養豚場は2月14日、同県海津市の養豚場から豚を搬入。同17日には名古屋市の市場に出荷したという。