「スクール革命!」放送10周年!! “3年J組”が男子会開催!

©株式会社東京ニュース通信社

2009年よりスタートした「スクール革命!」(日本テレビほか)が4月に放送10周年を迎えることを記念し、内村光良、山田涼介、知念侑李、八乙女光、髙地優吾、山崎弘也、オードリー(若林正恭、春日俊彰)の出演者8人が、2月20日発売の「TVガイド」3月1号の表紙に初登場。初回から10年、同じメンバーで歩み続けてきた“3年J組”が、番組や振り返りやお互いについて語り合う“男子会”を繰り広げている。

番組が長く続く秘訣として、「いろんな変化があって飽きさせない10年だった」と山崎が口火を切ると、最年長・内村は「前列(ジャニーズ)の方ね。人に歴史アリです(笑)」と、山田ら4人のバラエティーでの進化ぶりを絶賛。「内村さんが僕たちを自由にやらせてくれるので、変化が出てきた」(知念)、「おバカなところが…よく俺ジャニーズでいられるなって(笑)」(八乙女)、「ジャニーズでもいろいろやっていいんだと教えてくれたのが内村さんとザキヤマさんです」(山田)と感謝を伝えた。

スタートしてまもなく、番組オーディションに受かって放送8回目から加入した髙地は、「最初は気まずくてしょうがなくて(笑)。何のオーディションか分からないまま受けて、ジャニーズに入ることは知らなかった」と当時を回想。今では「一緒に出させてもらっているHey! Say! JUMPの一員と間違えられることがあるので(笑)、グループのSixTONESの名前を売っていきたいです」という今後の“革命”宣言に、一同は「立派になったね」と感慨深くうなずいた。

また、番組ではスタジオを飛び出してロケをする「修学旅行企画」も話題に。2010年に沖縄へ行った時は「春日の人気が最高潮で、集まった人に弾き飛ばされた」と内村が仰天告白。「でも2年後は人気の凋落(ちょうらく)ぶりを目の当たりに(笑)。逆に若林は腕を上げたね」とオードリーの変化についても指摘。その頃からボディービルに走ったと言われた春日は「今後は前列のジャニーズ全員を筋肉にしたい」と謎の意気込みを発表し、若林がフォローする場面も。

一方、山崎は8人の中で「現場での声出し、VTR中のコメント量はNo.1で誰にも負けていない」とアピール。オンエアされていないと苦笑しつつも、「コスパはいいですよ。ギャランティーとコメント量、薄利多売みたいになっています(笑)」と、この日もサービスたっぷりのトークで座談会を盛り上げていた。