クイーン+アダム・ランバートがアカデミー賞でパフォーマンスをすることを発表

©ユニバーサル ミュージック合同会社

クイーン+アダム・ランバートが日本時間2月25日に行われる第91回アカデミー賞受賞式にてパフォーマンスを行うことが発表された。アダム・ランバートはこの知らせをTwitterに投稿、彼とクイーンがアカデミー賞をロックすると書き添えられている。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は今は亡きクイーンのフロントマン、フレディ・マーキュリーの半生を描いた映画で、アカデミー賞には作品賞、主演男優賞、編集賞、音響編集賞、録音賞の5部門にノミネートされている。

アカデミー側もこの知らせについて楽曲「ボヘミアン・ラプソディ」の冒頭の歌詞「Is this the real life? Is this just fantasy?」を引用して投稿をしている。

アダム・ランバートは、2009年のオーディション番組『アメリカン・アイドル』で準優勝となり本格的な活動をスタート。2014年からはクイーン+アダム・ランバートのヴォーカリストとして、クイーンのオリジナル・メンバーのブライアン・メイ、ロジャー・テイラーとともに世界中をツアーしている。

また、アダム・ランバートは映画『ボヘミアン・ラプソディ』にカメオ出演しており、今年1月に自身のTwitterにてその正体が明かされた。アダムは、映画内でツアー中のフレディがメアリーに電話をかけるシーンで登場。彼はヒゲをたくわえトラッカー・キャップを被っており、フレディが彼に向ける視線でフレディのセクシャリティを示唆している場面となっている。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は既にゴールデン・グローブにて作品賞と主演男優賞の2冠、全米俳優協会賞や英国アカデミー賞では主演男優賞を受賞している。

英国アカデミー賞ではラミ・マレックは受賞スピーチでこう語っている。

「そしてクイーンのブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、クイーン・ファミリーの皆さん、あなたたちがいなければ、私は今日ここに立っていることはなかったでしょう。

そして、どんな時でも、揺らぐことなく、何事にも屈することなく、妥協を許すことのない偉大なるアウトサイダー、フレディ・マーキュリーに再度感謝いたします」

Written By Tim Peacock