【動画】ダイジェスト・第68回郡市対抗県下一周駅伝大会

©株式会社長崎新聞社

 第68回郡市対抗県下一周駅伝大会は17日、大村・東彼が3日間の累計21時間35分17秒で10年ぶり18度目の総合優勝を飾り、幕を閉じた。

 各郡市代表の11チームが郷土の誇りを胸に、県本土42区間、407.3キロを駆け抜けた。地道に練習を重ねる市民ランナーや壮年勢の粘走、県外で力をつけてきた大学生の凱旋(がいせん)ラン、小中高生の激しい競り合い―。世代や性別を超え、たすきをつないだ3日間の熱走ドラマを動画と写真で振り返る。