MotoGP:日本人Moto3ライダー鈴木竜生が所属するSIC58スクアドラ・コルセがチーム発表会を開催

©株式会社サンズ

 イタリア人MotoGPライダー、故マルコ・シモンチェリの遺志を継いだSIC58スクアドラ・コルセは、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリでチーム発表会を開催した。

 チームとして参戦3年目になるMotoGPのMoto3クラスには、3年連続の起用となる21歳の日本人ライダー、鈴木竜生と2年目となる22歳のニッコロ・アントネッリが参戦。会場では2019年シーズンを戦うホンダNSF250RWのカラーリングも発表された。

2019年シーズンを戦うSIC58スクアドラ・コルセのホンダNSF250RWのカラーリング

 また、会場ではMoto3加え、Moto3ジュニア世界選手権とヨーロピアン・タレント・カップ、FIM Enel MotoE World Cup(FIMエネルMotoEワールドカップ)の体制も発表された。

Moto3ジュニア世界選手権とヨーロピアン・タレント・カップを戦うライダーたち

 Moto3ジュニア世界選手権では、2018年のヨーロピアン・タレント・カップでそれぞれ2勝を挙げ、総合5位に進出したマッテオ・ベルテッレと総合7位のマッテオ・パタッカ、国内地方選手権のNSF250Rチャレンジに参戦していた日本人ライダーの有田光を起用。ヨーロピアン・タレント・カップでは、イタリア人ライダーのマッティオ・ファルツォーネとマッティオ・ヴォルピを起用して参戦する。

 MotoEには、2018年にイタリア選手権スーパースポーツクラスで総合4位と新人王を獲得した19歳のイタリア人ライダー、マッテオ・カサデイを起用して挑む。

会場で発表されたMotoEマシンのカラーリング