発泡スチロール製模型でマイホーム体感 図面だけで後悔しないで

©株式会社神戸新聞社

発泡スチロールで作った原寸大の住宅模型=西脇市高松町、エーアイ

 マイホーム建築を図面だけで決断して後悔しないようにと、兵庫県西脇市高松町の建築業「エーアイ」が発泡スチロールを使って、間取り図から原寸大の模型を作るサービスを始めた。丸1日、生活動線や窓枠の位置、家具の大きさや配置などを確認し、実際の住み心地や使い勝手を体験できる。松本孝博社長(56)は「納得した形でマイホームを建ててほしい」と話している。(長嶺麻子)

 依頼主から預かった間取り図や、希望に沿って作成した図を基に、かつて倉庫だった建物内で組み立てる。壁やドアなどを原寸大で設置し、テーブルやクローゼット、窓枠などの位置も設定することができる。

 現場経験も多い松本社長は、以前からこの構想を抱いていたが、2年前に自宅を建てた時に必要性を痛感したという。「自分で設計したものの、実際に建ててみると後悔が多かった」。コンセントの位置や窓の高さ、ドアの開閉の具合など、イメージと少しずつ違っていた。多くの人にとって一生に一度のマイホーム建築。需要は高いと判断し、昨秋、この事業をスタートさせた。

 完成後、丸1日かけて使い勝手を確認してもらう。ハウスメーカーや工務店の担当者と訪れる人も多く、これまでの依頼者は、キッチンの高さを変えるなど設計を微調整したり、家具を選びなおしたり、大幅に間取り図を変更したりしている。その場でレイアウトや壁の位置などを変えたりすることにも対応でき、利用者の評判も上々。また模型製作の状況次第で、一般からの見学も随時受け付けているという。

 「配線やキッチンの高さ、床や壁の色など、建ててしまえば変更は難しいが、事前に設計を変更するなら簡単。使い勝手にこだわって、納得がいくまでやる方がいい」と提案している。

 模型の費用は1平方メートル当たり3240円。完成後の保管は1日追加するごとに8万6400円。相談から2週間程度で準備できる。変更して作製した間取り図を基に複数社から見積もりを取ることもできる。エーアイTEL0795.23.8119