【プレミアリーグ】サッリ監督解任は待ったなしか…積み重ねた”銀メダリスト”の歴史

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

チェルシーはFAカップ5回戦でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、本拠地スタンフォード・ブリッジで0-2と敗北。タイトルを一つ逃したことでマウリツィオ・サッリ監督の解任が近づいてきており、週末のカラバオカップ決勝は是が非でも優勝しなければならない。

【FAカップ】ユナイテッドが敵地でチェルシーを撃破!昨季ファイナルのリベンジ達成

プロ監督のキャリアをスタートさせて20年近くが経つサッリ監督。マネージャー業の大半をイタリアで過ごしてきたが、今までメジャーなタイトルを獲得したことがなく、あと一歩のところで涙を呑んできた。60歳の監督が魅せる「サッリ・ボール」はナポリを指揮した3年間で多くの称賛を浴びてきたが、トロフィーとして結果に出ることはなかった。

【プレミアリーグ】アザールがサッリの戦術について言及「モウリーニョよりも僕に適している」

エンポリ時代にセリエBでチームを2位に導き、2015年からナポリの指揮を執ることとなったサッリ監督。ナポリで出会ったアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインは、サッリ監督の下で得点力が爆発し、リーグ36得点を叩き出す活躍を見せた。しかし、ユベントスという巨大な壁を前にサッリ監督は何度も跳ね返され、ナポリを指揮した3シーズンで2位、3位、2位とリーグ優勝という成績を残すことが出来ず。カップ戦や欧州の大会でも良いとこ止まりが続き、「ヨーロッパで最も美しい」と評されたサッリ監督のサッカーは「美しいが結果を出せない」というレッテルが貼られた。マンチェスター・シティとのカラバオカップ決勝は、サッリ監督にとって進退をかけた大一番に。もしも負けるようなことがあれば、解任に向け待ったなしだ。

サッリ監督にとってカラバオカップ決勝は進退を懸けた大一番に