【F1テスト1回目デイ2・タイム結果】フェラーリのルクレールが首位。レッドブル・ホンダ初走行のガスリーはクラッシュ

©株式会社サンズ

 2019年F1プレシーズンテスト2日目、スペイン・バルセロナで9チーム12人のドライバーが走行を行った。

 19日、ドライコンディションのもと、マシン完成の遅れにより走行できずにいるウイリアムズを除く9チームがニューマシンを走らせた。

 首位はシャルル・ルクレールで、前日に引き続きフェラーリが好調さを見せた。2番手はマクラーレンのランド・ノリス、3番手はハースのケビン・マグヌッセンだった。

2019年第1回F1テスト2日目 シャルル・ルクレール(フェラーリ)

 レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは午後のセッション終盤にコースオフし、バリアにクラッシュ、この日の走行を切り上げ、7番手にとどまった。トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、走行開始直後にスピンしコースオフ。しかしその後132周を走りこみ、4番手タイムを記録した。

2019年第1回F1テスト2日目 アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)がコースオフ

■2019年第1回F1バルセロナテスト2日目タイム結果(2月19日)

Pos Driver Team Time(tyre) Laps

1 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:18.247(C3) 157

2 ランド・ノリス マクラーレン 1’18.553(C4) 104

3 ケビン・マグヌッセン ハース 1’19.206(C3) 59

4 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ 1’19.301(C4) 132

5 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1’19.312(C4) 101

6 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’19.535(C3) 89

7 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1’19.814(C3) 92

8 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’19.837(C3) 95

9 ダニエル・リカルド ルノー 1’19.886(C3) 28

10 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’19.928(C3) 74

11 ランス・ストロール レーシング・ポイント 1’20.433(C3) 79

12 ピエトロ・フィッティパルディ ハース 1’21.849(C3) 13

※C1コンパウンドが最もハード、C5が最もソフト