[大弦小弦]トランプ政権の内幕を暴露した…

©株式会社沖縄タイムス社

 トランプ政権の内幕を暴露した全米ベストセラー「恐怖の男」(ボブ・ウッドワード著)。トランプ大統領の自己中心的な言動や忠誠心の欲求、知識の欠如など意思決定の危うさや政権の混乱ぶりがまざまざと描かれている。批判だけでもない。オバマ前政権の北朝鮮の核開発問題への対応に疑問も呈する。安倍晋三首相はもう読んだだろうか

▼首相はトランプ氏をノーベル平和賞の受賞候補に推薦したという。政府関係者が事実関係を認めている

▼米国からの要望を受けて推薦を決めたというが、どうもふに落ちない。トランプ氏の排外主義的な政治姿勢や社会に「分断」をもたらす人権意識の欠如、国境の壁建設などは国際社会からも批判があるにもかかわらずだ

▼安倍首相は衆院予算委員会で推薦の事実は認めなかったが、否定はせず米朝首脳会談などの実績を評価した。同盟国から「ほしい」と言われて、「じゃあ推薦する」という発想では単なる追従でしかない

▼たとえ北朝鮮問題などを背景に、米国の後ろ盾がほしいために機嫌を損ねず、外交上の「貸し」をつくる狙いがあったとしても、その効果があるかは甚だ疑問だ

▼対等な同盟国であるならもっと冷静に外交政策を分析してはどうか。国会で説明もできないような首相の推薦が、国民総意と思われては迷惑な話である。(赤嶺由紀子)