【チャンピオンズリーグ】若き秀才テデスコ監督が導く対シティの最適解は? ~決勝T1回戦1stレグプレビュー~

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

国内で不振に喘ぐものの、UEFAチャンピオンズリーグのグループステージでは着実に勝ち点を重ねてベスト16入りを果たしたシャルケ04。優勝候補にも挙げられるマンチェスター・シティに対し、若き秀才ドメニコ・テデスコ監督はどのような戦術を敷いてくるか。

【DFBポカール】バイエルンが延長の末ヘルタを下しベスト8進出!宇佐美所属のデュッセルドルフはシャルケに敗戦

シャルケ04
欠場者情報
グループステージでイエローカードを計3枚受けたオマール・マスカレルは累積警告で出場停止。ブレール・エムボロとスティーブン・スクリプスキはフィットネスが整わず出場が微妙で、アレッサンドロ・シュプフは1月に靱帯を断裂し長期離脱となっている。

マッチプレビュー
シャルケとシティは、今回のCLを含め3つの異なる欧州の大会で対戦経験を持つ(カップウィナーズカップ、UEFAカップ)。1970年4月にカップウィナーズカップ準決勝で顔を合わせており、2戦合計2-5でシャルケが敗れている。ちなみに同大会でシティは優勝を果たした。またシャルケは2010-11シーズンのベスト4以降、出場したCLでは3回連続でベスト16敗退に終わっている。ただ欧州のホームゲームでは負けなしが続いており、直近9試合で6勝3分け。シティ戦に勝利すれば2011年4月以来となるホーム3連勝を達成する。

テデスコ監督はシティ相手にどう立ち向かうか

【FAカップ】ユナイテッドはウルヴス、シティはスウォンジーと…準々決勝組み合わせが決定

マンチェスター・シティ
欠場者情報
負傷していたヴァンサン・コンパニやバンジャマン・メンディ、エリアキム・マンガラといったDF陣がトレーニングに復帰。しかし、ジョン・ストーンズが鼠径部を、ガブリエウ・ジェズスがハムストリングを痛め欠場となる。

マッチプレビュー
シティはCLにおいてドイツ勢に直近7試合で負けていない(6勝1分け)。最後に負けたのは2014年9月にジョゼップ・グアルディオラ監督が指揮していたバイエルン・ミュンヘン戦まで遡る。また、もしグアルディオラ監督が今季CL制覇を達成すれば、キャリア3つ目のビッグイヤーとなり(2009、2011)、ジネディーヌ・ジダン、カルロ・アンチェロッティ、そしてボブ・ペイズリーの記録に並ぶ。ただグアルディオラ監督はバルセロナで2011年に優勝して以来、9シーズンで7回準決勝敗退を喫している。

シティのザネは初の古巣対決に