今夏の安倍政権交代へ野党共闘…小沢一郎氏が主導、“自民党下野”へ本格始動

©株式会社サイゾー

「小沢一郎公式サイト」より

 今通常国会から統一会派を組んだ国民民主党(玉木雄一郎代表)と自由党(小沢一郎・山本太郎共同代表)が2月12日、合流に向けての政策協議に入った。両党は統一地方選までの合流を目指す。早ければ2月中、遅くとも3月中に協議をまとめる方向だ。原発政策が焦点と報じられているが、合流の肝はズバリ「選挙」だ。

「今夏には参院選があり、衆院選とのダブルの可能性もある。玉木さんは小沢さんが得意とする選挙で力を借りたいと思っている。小沢さんは過去2度の選挙で自民党を下野させ、2007年の参院選では自公を過半数割れに追い込んだ経験がある。勝利するための人脈や手法は、政界で右に出る者はいない」(玉木氏周辺)

 小沢氏本人もヤル気。当初言われた「幹事長」などの役職に就く気はなく、一兵卒ながら選挙の“指南役”のような立場で働くとみられる。小沢氏は国民民主のカネ目当てだという解説もある。確かに同党の金庫には100億円超の資金が眠っているともいわれている。小沢氏はその「選挙の軍資金」を狙っているというのだ。

 小沢氏の選挙手法はシンプルで、「勝てる候補を立てる」というもの。独自の人脈を使って、各地域で有望な候補者の情報を得て、出馬を口説く。選挙運動もサポートする。そのためのカネということだ。

「小沢さんは3度目の政権交代のためなら、どんなことでもやるつもり。玉木さんが『2人で川上で演説しましょう』と言っていましたが、本当に山奥の過疎地にまで行くんじゃないですか」(小沢氏周辺)

 自民党など有名議員が街頭演説に立つ場合は、ターミナル駅に大勢の支持者を動員し、街宣車の上から語りかけるのが一般的。自民党の人気者・小泉進次郎衆院議員などはこのパターンが多い。一方、小沢氏の選挙手法のひとつである「川上から川下」では、あえて地域のなかでも有権者の少ない山奥で、動員をかけることもなく、それもビールケースの上に立ち、有権者と近い距離で演説する。そうすると、「こんな山奥まで来てくれたのか!」となり、「小沢さんが来たよ」というのが「川上」に住む親世代から、「街中=川下」にいる子世代まで伝播するというものだ。川の流れのように。

●安倍首相も意識

 もっとも国民民主内には、小沢氏が選挙で主導権を握ることを警戒する向きもある。国民民主と自由が統一会派を組んだ直後の両院会派合同総会の場で、かつて小沢氏の側近だった同じ岩手県選出の階猛衆院議員が、小沢氏の眼前で「この統一には大義が見えない」と異議を唱えたことが大きく報じられた。階氏の反発の原因も選挙だという。

「階さんの小沢さんへの牽制は、以前、自分の選挙区に対抗馬を立てられたことへの私憤が大きい。さらに今度の参院選でも岩手の候補者を自らが主導して決めたいという意向があり、小沢さんが合流したらそれができなくなってしまうので嫌がっている」(国民民主関係者)

 国民民主と自由の合流の動きには、立憲民主党(枝野幸男代表)も冷ややかだが、小沢氏が野党の選挙を仕切ることは、実は「対自民」で最大の効果を発揮する。それは野党議員の想像以上で、国民民主と自由の合流が表面化した直後、自民党ベテラン議員から「小沢がカネを持って選挙をやったら怖い」という声が上がった。

 安倍晋三首相も全国紙やテレビ局の官邸キャップとの懇談の場で、「野党は小沢一郎さんを担ぎ出して何をするんだろうね」という言葉を漏らしたという。揶揄する言い回しではあるが、安倍首相も気にしているのだ。

 さて野党は、過去の恩讐を乗り越えて、小沢氏を最大限活用することができるだろうか。
(文=編集部)