意外すぎ?韓国人男性が興奮した「酔っぱらい」を落ち着かせた方法、ネットで感動呼ぶ

©株式会社 Record China

興奮した地下鉄の酔っ払い乗客を“意外な方法”で落ち着かせた韓国人男性が話題となっている。

韓国・国民日報は19日、「大騒ぎする酔っ払いを鎮圧するかっこいい一般人」というタイトルでYouTubeに投稿された動画のスクリーンショット画像を掲載、当時の状況を伝えた。

ソウル地下鉄2号線の堂山(タンサン)駅のホームで、泥酔した中年男性が警察官2人ともめていた。警察官が「公務執行妨害で処罰されますよ」と言っても、話は通じず。すると、ベンチに座ってこの光景を見守っていた若い男性が席を立ち、男性の肩をつかんでぎゅっと抱きしめた。思いがけない「抱擁」に中年男性は後ずさり。若者が警察に「もう大丈夫ですから行ってください」というようなジェスチャーをすると、ついさっきまで大騒ぎしていた中年男性はすっかり落ち着きを取り戻したという。記事は「若者の温もりが男性(の心)を打ち砕いたのだろうか」と伝えている。

このわずか45秒の動画が、多数のインターネット掲示板で話題を呼んでいる。ネットユーザーからは「『抱きしめる』という考えを思いついたことに拍手を送りたい」「これまで見た動画の中で一番素晴らしかった」「人の体温と真心ほど偉大な制圧方法はないんだね。警察官は武力鎮圧が解決策だけではないということを学んだことだろう」「愛には許せない罪がないという。愛の抱擁、かっこいい」「柔よく剛を制す」などのコメントが多数寄せられており、とても感動した様子だ。

一方で「だからって絶対まねしちゃダメ」「なんとか収まったからよかったものの、本当に危なかったと思う」「もし相手が女性だったらMe Tooで訴えられていたんじゃない?」「心温まる記事ではあるけど、酔っ払いで大騒ぎする人には強力な公権力を使える法案をつくるべき」など、「危険性」を指摘するコメントも。

そのほか、「精神心理学の分野に出てくる方法。心理学を専攻した人のようだ」「私たちは時には誰かの抱擁が必要だよね」などのコメントも寄せられている。(翻訳・編集/松村)