詐欺の受け取り役、容疑の少年を再逮捕 「アイドルのイベントに行くために」余罪もほのめかす/浦和西署

©株式会社埼玉新聞社

 埼玉県の浦和西署は20日、窃盗の疑いで、東京都板橋区の無職少年(16)を再逮捕した。再逮捕容疑は氏名不詳の者と共謀し、昨年10月29日と11月1日、久喜市の無職女性(75)と宮代町の無職女性(78)方にうその電話をかけた上で訪問。「カードを預かる」「印鑑を取ってきて」と言い、女性らの隙を見てキャッシュカードを入れた封筒をすり替え、計4枚を盗んだ疑い。

 同署によると、少年は手渡し詐欺の受け子役。女性2人の口座からは計669万円の不正な引き出しが確認されたという。

 同署は今年1月31日、別の事件の受け取り役でキャッシュカードを盗んだとして、窃盗の疑いで少年を逮捕。供述や現場に残された封筒などの捜査から今回の犯行を特定した。少年は容疑を認め、「好きなアイドルのイベントに行くためなどで遊ぶ金が欲しかった」と供述しているという。「(全部で)7、8件やった」と余罪をほのめかしており、同署で調べる。

浦和西署=さいたま市中央区上峰