【テニス】平山・伊藤組と末野・平田組が優勝に王手をかける!/ 関東学生新進テニス選手権 本戦6日目

©慶應スポーツ新聞会

関東学生新進テニス選手権6日目には、各種目の準決勝が行われ、男子ダブルスで平山浩大(新環4・京都外大西)・伊藤竹秋(新法2・慶應)組と女子ダブルスで末野聡子(新・平田組が登場。両ペアともストレート勝ちで決勝進出を決めた。

平成30年度関東学生新進テニス選手権

2019年2月20日@早稲田大学東伏見テニスコート

男子ダブルス準決勝

 ○ 平山・伊藤	2{6-4、6-4}0	佐野・高清水(法大)

平山浩大(新環4・京都外大西)・伊藤竹秋(新法2・慶應)組は、勢いに乗る1年生ペアと対戦。第1セットは、序盤からキープゲームが続くが、第7ゲームで強力なショットで攻め、ブレイクに成功。その後、サービスゲームを確実にキープし、このセットを先取する。続く第2セットは、一時2-3と相手にリードを許すも、そこから威力のあるショットを中心としたラリーで相手に主導権を渡さず、決勝進出を決めた。

女子ダブルス準決勝

○    末野・平田	2{6-4、6-2}0	 吉田・金山(明大)

末野聡子(新総2・芦屋学園)・平田歩(新総2・岡山学芸館)組も平山・伊藤組に続き、決勝に駒を進めた。第1セット中盤まで少し相手に押され気味であったが、末野の強力なショットと平田のネットプレーで確実にポイントを重ね、第1セットを先取。第2セットは、持ち味である攻撃的なテニスを展開。相手を圧倒し、ストレート勝ちを収めた。

(取材:萬代理人)