IR誘致の推進重要

高橋知事

©株式会社室蘭民報社

 高橋はるみ知事は20日、苫小牧市などが誘致を目指しているカジノを含む統合型リゾート施設(IR)について「誘致に向けた取り組みを進めて行くことが重要」との考えを示した。道議会定例会で岩本剛人議員(札幌市清田区、自民党・道民会議)の一般質問に答えた。

 道はIRに関して有識者懇談会を設置するなどして検討。「誘致する場合は苫小牧市を優先候補地とすることが妥当」との見解を示しているが、是非は判断していない。

 岩本議員は「このまま任期末を迎えれば時機を失することになりかねない。任期内に何らかの判断を行う考えはあるのか」と迫った。高橋知事は「懸念される諸課題への万全の対策を講じることを前提に、IRの誘致に向けた取り組みを進めていくことが重要と考えている」と従来の答弁から前進させたが、判断は次期知事に委ねるのが確実な状況となっている。

 IRに関して知事選に出馬表明している2人は、鈴木直道氏が「総合的に勘案して道民目線で判断する」、石川知裕氏が「推進の立場ではない」と述べている。 (有田太一郎)