盗んだWAONポイントで買い物 千葉県警、容疑の外国人逮捕

©株式会社千葉日報社

 流通大手イオン(千葉市美浜区)の「WAON(ワオン)ポイント」を不正に入手し買い物で使用したとして、千葉県警サイバー犯罪対策課と千葉西署は20日、詐欺の疑いで甲府市武田2、カザフスタン国籍の日本語学校生、ムカトフ・オルザス容疑者(26)を逮捕した。

 捜査関係者によると、昨年9月上旬、ワオンポイントを管理するサーバーに数百万回にわたって何者かが不正アクセスを試みた痕跡があった。別サイトのIDやパスワードを入手してログインを試みる「リスト型攻撃」と呼ばれる手法が使われたとみられる。県警は押収したパソコンなどを解析し、不正アクセス禁止法違反容疑などでも捜査する。

 逮捕容疑は昨年9月9日、同市の商業施設内のディスカウント店で、不正に入手した他人のワオンポイントで購入代金を支払い、缶コーヒーや乳飲料など計13点(2700円相当)をだまし取った疑い。

 同課によると、「昨年夏ごろ、自分のパソコンやスマートフォンで他人のアカウントに不正ログインしてポイントを盗んだ。自分の金を使うのがもったいなかった」と容疑を認めている。県警は、複数人からポイントを盗み取り、少なくとも約3万円分のポイントを使用したとみて裏付けを進める。

 ワオンポイントが減っていることに気付いた東京都内の女性が昨年9月、イオンに連絡。同社が千葉西署に相談し、県警が捜査していた。