中国へ和牛受精卵持ち出しで捜索

大阪府警、男性宅

©一般社団法人共同通信社

 和牛の受精卵と精液を輸出検査を受けずに中国へ持ち出したとして、大阪府警が家畜伝染病予防法違反の疑いで、大阪府の男性の自宅などを家宅捜索したことが21日、捜査関係者への取材で分かった。農林水産省が1月に同法違反容疑で刑事告発していた。府警は男性から事情を聴き、捜査を進めている。

 農水省などによると、男性は昨年7月、中国に和牛の受精卵と精液を持ち出したが、中国当局が持ち込みを認めず、日本に持ち帰り発覚した。受精卵と精液は、専用の輸送容器の中に入れたストロー状の容器に入っていた。

 男性は「知人に頼まれた」と説明していた。