中江元秘書官、調査変更を提案

勤労統計、対象部分入れ替え

©一般社団法人共同通信社

衆院予算委で答弁する中江元哉・元首相秘書官=21日午前

 毎月勤労統計の調査対象事業所の入れ替え方法を巡り、厚生労働省の藤沢勝博政策統括官は21日の衆院予算委員会で、中江元哉・元首相秘書官(現財務省関税局長)が2015年9月14日に厚労省の姉崎猛統計情報部長(当時)に「部分入れ替えという考えもあるのではないか」と提案していたことを明らかにした。野党は「圧力だ」と追及。姉崎氏は中江氏の意向が働いたとの指摘を否定しているという。

 藤沢氏は姉崎氏から聞き取った内容を答えた。

 答弁によると、中江氏は15年9月14日に姉崎氏らから調査方法見直しに関する有識者検討会の状況の説明を受けた際に発言した。