【MLB】菊池雄星のライブBP動画にファン感嘆 背後からの迫力映像「一晩中見ていられる」

©株式会社Creative2

マリナーズ・菊池雄星【写真:田口有史】

20日に打者4人と対峙、ファン「ボールを隠すのがとてもうまい」

 新入団したマリナーズで順調にトレーニングを続けている菊池雄星投手。19日(日本時間20日)には、実戦形式の投球練習「ライブBP」に登板し、メジャー2選手を含む打者4人に対して30球を投げた。安打性の当たりを2本許したが、伸びのあるストレートや切れのあるカーブで空振りを奪うなど、上々の内容だった。

 マリナーズの公式インスタグラムでは同日、ライブBPで空振りを奪う菊池の姿を背後から映した動画を公開。「Yusei」を「You see」にかけ、「Now Yusei me,now you don’t(僕の姿が見えてると思ったら、見えてなかったみたいだね)」とのキャプションを添え、ボールの出どころが見づらい菊池の投球フォームに、打者が翻弄される姿を伝えた。

 臨場感溢れる映像に、ファンは次々と感嘆のコメントを寄せた。

「彼はボールを隠すのがとてもうまい」

「彼の投球フォームを見てごらん。どれだけ長いこと彼が(打者に見えないように)ボールを隠していることか」

「気に入ったよ」

「おぉ、ありがとう! 君のおかげでいい1日になったよ」

「彼は長いことをボールを隠すんだなぁ」

「一晩中見ていられるよ!」

「えげつない投球フォームだ」

 敵を欺くにはまず味方から。味方打者を手玉に取った投球フォームが、オープン戦で敵打者を相手に威力を発揮する日も近い。(Full-Count編集部)