安倍首相「支持がないのは承知している」 辺野古移設で答弁

©株式会社沖縄タイムス社

 【東京】安倍晋三首相は20日の衆院予算委員会で、沖縄との信頼関係に関し「われわれが進めている(辺野古新基地建設の)方針に現在支持をいただけていない状況があるのは承知している」と述べた。

 橋本龍太郎元首相の秘書官だった江田憲司衆院議員は、橋本政権は1996年の県民投票後に大田昌秀元知事と話し合い沖縄政策協議会の設置や特別調整費50億円を計上したことなどを挙げ、緊密さをアピールした。

 安倍首相は「橋本政権の時、真摯(しんし)に取り組まれたのは敬意を表したい。あれから何年たつか。普天間移設ができていないのも事実」とし、安倍政権としては結果重視であることを強調した。

安倍首相