DeNA浜口、4回2安打1失点 3連続Kなど4奪三振 ヤクルト小川は3回5安打3失点

©株式会社Creative2

ヤクルトとの練習試合に先発したDeNA・浜口遥大【写真:荒川祐史】

小川は神里に先頭打者弾を浴びるなど、初回だけで3失点

 DeNAの浜口遥大投手が、上々の仕上がり具合を見せた。21日、沖縄・浦添市の「ANA BALL PARK 浦添」で行われたヤクルトとの練習試合。先発マウンドに上がった左腕は4回を投げて、2安打1失点という内容だった。

 初回は塩見、西浦、山田哲と3者凡退に切った浜口。2回は、1死から雄平の中前安打と村上の右翼線適時二塁打で1点を失った。3回は廣岡、塩見、西浦と3者連続三振に斬り、4回は山田哲、バレンティン、雄平のクリーンナップを3者凡退に。4回2安打4奪三振1失点と好投した。

 一方、ヤクルト先発の小川泰弘投手は予定の3回を投げて5安打3失点。初回、神里に先頭打者本塁打を浴びると、この回だけで5安打を集中されて3失点。2回からは2イニング連続で3者凡退に封じた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)