MVが2億回再生超え”新世代のジャスティン・ティンバーレイク”と評されるHRVY(ハーヴィー)とは?

©ユニバーサル ミュージック合同会社

本名はHarvey Leigh Cantwell、アーティスト名はHRVY(読み方:ハーヴィー)。彼は1999年1月28日にイギリスの南東に位置するケント郡で生まれた。8歳の時から音楽に興味を持ち、14歳の時にFacebookに公開したジャスティン・ティンバーレイク「Mirrors」のカヴァー動画が話題となり、SNSの世界で一躍有名に。同じく14歳にして、英・BBCのTV番組「CBBC’s Friday Download」の子ども司会に抜擢され、HRVYの知名度は一気に加速した。

これまでに、リトル・ミックスやジェシー・J、ジョナス・ブルーなどイギリスを代表する様々なアーティストから声がかかり、共演を果たす。2016年秋、米・ロサンゼルスにて、ベイビーフェイスとジェス・グリンのチームとレコーディングを行い、音楽活動を本格的に開始。

2017年2月にユニバーサル ミュージック傘下のレーベル、Virgin/EMIと契約。同年7月にEP『Holiday』を、11月にEP『Talk To Ya』を発売。後者のEPに収録された楽曲「Personal」のミュージック・ビデオでは2002年生まれのSNS発のスター、ローレン・グレイと共演したことも話題となりYouTubeでの再生回数が2億回を突破している。

現在、世界的に人気の音楽アプリ「Musical.ly」の公式アンバサダーを務めており、若者世代の中での知名度はどんどんあがってきており、海外メディアでも既に絶賛されており、これから注目の新人の一人になりそうだ。

「彼こそ新世代のジャスティン・ティンバーレイクだ」 - Heat Magazine
「ネクスト・ティーン・センセーション!」 - Sunday People
「彼を好きにならない人はいない」 - Teen Now
「新世代のYouTubeセンセーション!」 - Now
「彼は、まるでジャスティン・ティンバーレイクJr.だ」 - The Sun