米、広告の50%超がネットに

19年、新聞・テレビは苦戦

©一般社団法人共同通信社

ネット広告で今後シェアを高めると予測されるアマゾン・コムのロゴ=昨年9月、ワシントンのアマゾン本社(共同)

 【ニューヨーク共同】米調査会社イーマーケッターによると、2019年の米国の広告市場で、インターネット広告費が前年比19.1%増の1293億4千万ドル(約14兆3千億円)と全体の54.2%を占め、新聞やテレビなどの合計を初めて上回る見通しとなった。

 電通によると、17年の日本のネット広告費は15.2%増の1兆5094億円、新聞やテレビなどの合計は2.3%減の2兆7938億円。日本でネット広告が早期に上回るのは難しそうだ。

 米国の電子版を除く新聞と雑誌、テレビ、ラジオなど既存媒体の広告は19年に4.7%減の1094億8千万ドルになる見通し。