横田さん「明るい兆し見えて」

米朝会談に期待寄せる

©一般社団法人共同通信社

集会で思いを語る横田早紀江さん=21日午後、東京都内

 北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさん=失踪当時(13)=の帰国を祈り、母早紀江さん(83)を支援するキリスト教徒らの集会が21日、東京都内で開かれた。あいさつした早紀江さんは「この辺で少し明るい兆しが見えてほしいと思っている」と語り、今月末の米朝首脳再会談を機に、拉致問題解決へ進展することに期待を寄せた。

 集会に約50人が参加。早紀江さんは19日の安倍晋三首相と被害者家族との面会に触れ、「金正恩さんに日本の思いや親の悲しみなどを生の声で話してほしいとお願いしてきた」と述べた。

 入院中の夫滋さん(86)の近況は「元気で意識がはっきりとしてきた」と説明した。