電車窓割れ、女性が背中に軽傷

JR横須賀線

©一般社団法人共同通信社

 21日午前9時15分ごろ、JR横須賀線の新川崎―横浜間を走行していた津田沼発大船行き普通電車(15両編成)の窓ガラスが割れてひびが入り、破片が当たった乗客の女性が背中に軽傷を負った。外から物が当たったとみられる。

 JR東日本横浜支社によると、破損したのは最後部車両の進行方向右側の窓。けがをした女性はすぐ前の座席に座っており、破片が服の中に入って切り傷を負ったという。窓は縦94センチ、横34.5センチで、全体にひびが入り、一部が車内に飛散したとみられる。

 同支社が破損経緯を調べている。普通電車は横浜駅で運転を打ち切り、乗客約270人は後続の電車を利用した。