桜田五輪相、審議遅刻を陳謝

衆院予算委、5時間中断

©一般社団法人共同通信社

衆院予算委で陳謝する桜田五輪相=21日午後

 桜田義孝五輪相の審議遅刻により中断した衆院予算委員会は21日午後、約5時間後に再開した。野党は、中断後の予算委理事会で28日に新たに集中審議を開く日程で与党と大筋合意したことなどを受け、審議に復帰した。桜田氏は予算委で「遅刻を心から深くおわびする」と陳謝した。野党は「緊張感が足りない」と一斉批判。自民党幹部は2019年度予算案の月内衆院通過は困難との見通しを示した。

 予算委再開後、野田聖子委員長は「委員会運営に支障が生じた。強い遺憾の意を表明する」と述べた。菅義偉官房長官も陳謝した。桜田氏は「質疑が中断していたため、時間の判断を誤った」と釈明した。