東京円、110円台後半

©一般社団法人共同通信社

 21日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=110円台後半で取引された。

 午後5時現在は、前日比13銭円高ドル安の1ドル=110円76~77銭。ユーロは24銭円高ユーロ安の1ユーロ=125円54~58銭。

 当面の利益を確定するための円買いドル売りがやや優勢だった。米中貿易問題の進展への期待が高まり、円が売られる場面もあった。

 市場では、1ドル=111円台を付けるかどうかに注目が集まったが、米中の協議を見極めたいとの思惑もあり「上値は重い」(外為ブローカー)との声が聞かれた。